■■ 取扱商品 ■■■■ 
--- ゴルフ練習器具クロスグリップ
 
もっと遠くへ・・・ もっと正確に・・・ そしてもっと華麗に! あなたはいまのスコアーに満足していますか。 ゴルフの基本はスイングです。たとえ100万回素振りをしても、間違ったフォームでは無駄な努力です。正確で華麗なスイングこそがゴルフ上達の基本。
 そこで開発されたのが、CrossGrip です。ゴルフ300年の歴史で画期的な発明。軽量で装着簡単。自宅・練習場・コース、どんな場所でも練習可能。 クラブに付けていつものように振るだけで自然にフォームが矯正され、今までにない飛距離、正確性、華麗なスイングができあがります。クロスグリップであなたもナイスショット!
 

 知っておきたいワンポイント

 ●商品概要
 ●ご使用方法
 ●こんな効果
 ●ワンポイント
 ●お申し込み

シークレットポジションを知ろう

ボールを遠くに飛ばす為にはヘットのエネルギー効率の高さが"インパクト力"の正体です。
距離の正確性・安定性を生む"インパクト"の力、遠くに・真直ぐに。そのレベルではまだまだ未熟。狙いどおりの距離を打てる力(技)が重要なのだ。
"一万分の一秒"でボールの運命が決定してしまう。如何にフェースをスクウェアーに保つか? ヘッドスピードが勝負でなく、インパクトの効率で勝負です。

 
  シークレットポジションの大切さ

■ゴルフで距離を出すためにはシークレットポジションを覚える事が非常に大切です。
プロゴルファー・上級者の多くは必ず 図1で示したようにシークレットポジションを作りインパクト迄保っています。

■図2で示すように多くのアマチュアゴルファーはボールを叩きに行ってしまう為、この様な形になってしまうのです。

■インパクトに近い位置までシークレットポジションを保つようにし、
左、二の腕で手の甲を(フェースを)飛球方向へ向けます。
シークレットポジション(右手で作った角度)は インパクト後にリリースします。
イメージとしては左手甲は出来るだけ飛球方向に向け右手首は強く返さないでください。

■右手はインパクトでは弾かないでください。。インパクトでは押す感じです。この様な打ち方を行うには左手を意識して打ってみてください。

 
 

振るとクラブは重くなる

  ●プロ上級者は重さをスピードに変える! シークレットポジションの大切さ
図1シークレットポジションがぎりぎりまで保たれる
●中・下級者は重さを利用できない!シークレットポジションの大切さ
図2
シ-クレットポジションが早く解かれる
 
 
知っておきたい9種類の球筋
 

飛球法則の組み合わせにより下図のような9種類の飛球軌跡が出来ることを理解すると、飛球の結果から原因を探り当てることが出来スイングの修正に役立てることが出来る。




軌跡
目標線に対するヘッドの軌道
接線に対するフェイスの向き
飛球現象
1
アウトサイドイン
クローズ
左に飛び出し左に曲がる

2

アウトサイドイン
スクェア
左へ飛び出すストレート

3

アウトサイドイン
オープン
左に飛び出し右に曲がる
4
インサイドイン
クローズ
真っすぐ飛び出し左に曲がる
5
インサイドイン
スクェア
真っすぐ飛び出し目標に飛ぶ
6
インサイドイン
オープン
真っすぐ飛び出し右に曲がる
7
インサイドアウト
クローズ
右に飛び出し左に曲がる
8
インサイドアウト
スクェア
右へ飛び出すストレート
9
インサイドアウト
オープン
右に飛び出し右に曲がる