ワンポイント

最初はゆっくり力を抜いて素振りから始めて下さい。最初から100%の力で打つのは危険です。
装着状態でクロスグリップを握ったままボールを打つことは出来ますが最初は注意が必要です。
慣れてきたら握ったまま打てるようになります。

シークレットポジションを知ろう。

トップで作った「溜め」をそのままに

ボールを遠くに飛ばす為にはヘットのエネルギー効率の高さ(インパクト力)が必要です。
距離の正確性・安定性を生む「インパクト」の力が遠くに・真直ぐに飛ぶ力になります。狙いどおりの距離を打てる力(技)も重要です。
「一万分の一秒」がボールの運命が決定します。その瞬間、ヘッドスピードが勝負でなく、いかにフェースをスクエアに保つか、インパクトの効率が勝負です。

では如何するか? 答えは簡単、シークレットポジション(溜め)をどのように使うか、いつどのように「溜め」を開放するか覚えることが非常に重要です。

バックスイングからトップの位置で作った右手のシークレットポジション(溜め)をそのままにし、インパクトからフォローまで保つことが重要で、その結果フェースの面が変わらずボールの行方が安定して正確性が増します。

多くのアマチアは「|溜め」を作ったままスイングすることはアプローチするならともかくドライバーなどの大きめなクラブでは簡単にできないと思います。しかし実際はスイングの流れの中で「溜め」が解放されフェースの向きが飛球方向に向きバックスイングになります。

インパクトでは「叩く」と言うイメージを捨て「掃く」・「押す」・「何もしない」と言うイメージです。
しばらくインパクトの「溜め」を保ったままフォローまでスイングします。

このことが最も重要です。(写真のように)

インパクトからフォローまで「溜め」保つこと

その際、絶対に右手首は「強く捏ねない」で、あくまで「掃く」・「押す」というイメージを持ってスイングすることを忘れないで下さい。

左手は自然にスイングワークが大きくなり、フォローからフィニッシュでは左手甲を出来るだけ飛球方向(フェースをスクエア)に向けることで両方の腕が伸び、手首も伸びることによって「溜め」は自然に解けてフィニッシュが出来るようになります。
スイングの間、トップスイングからインパクト、フォローと「溜め」を作ったままスイングするので右手で「叩く」という動作をしないため動きがスムースになりスイングスピードが増します。自然に左右の手のスイングワークが大きくなります。
つまり左右の手がそれぞれの役割をきちんと果たした結果として距離が伸びて正確性が増すと同時に正しいスイングが生まれ美しいスイングが出来上がります。

上記のことを理解し、左右の手を交差させ握ったとき左手人差し指と右手小指が離れないよう気を付けてスイングして下さい。イメージが出来たらクラブのグリップに持ち替えてボールは打ってください。最初は出来るだけ小さなクラブから始めてください。

そんな打ち方したら90度曲がるような大スライスボールが出て危険ではないかと思われるでしょうが大丈夫です慣れてくるとボールは真直ぐに飛ぶようになります。大スライスが出てきたら半分成功です。この場合はたぶん距離は出ているプッシュアウトだと思います。

スライスの直し方としては体の正面でフォローを迎える体制で打っているならスライスは直ると思います。それでもスライスが出る場合は右のかかとを付けた状態で打ってみてください。

スイングでお悩みなら矯正に最適な効果が出せる「クロスグリップ」を検討して下さい。

◆ドライバーで⾶距離を出したい。◆正確なショット打ちたい。◆トップでフェースの向きが気になる。◆オーバースイングになってしまう。◆インパクトで⼿⾸をこねる。◆ダウンスイングで「溜め」が出来ない。◆脇の締まりが気になる。◆腕の三⾓形が崩れてしまう。

>>ホームへ

プロも認めたクロスグリップの効果を是⾮お試し下さい。
クロスグリップのご購⼊ >>Amazon
詳しくはレッスンビデオをご覧ください。
YouTube(⽇本語版)
YouTube(English Version)