ワンポイント

最初はゆっくり力を抜いて素振りから始めて下さい。最初から100%の力で打つのは危険です。
装着状態でクロスグリップを握ったままボールを打つことは出来ますが最初は注意が必要です。
慣れてきたら握ったまま打てるようになります。

シークレットポジションを知ろう。

ボールを遠くに飛ばす為にはヘットのエネルギー効率の高さ(インパクト力)が必要です。
距離の正確性・安定性を生む「インパクト」の力が遠くに・真直ぐに飛ぶ力になります。狙いどおりの距離を打てる力(技)も重要です。
「一万分の一秒」がボールの運命が決定します。その瞬間、ヘッドスピードが勝負でなく、いかにフェースをスクエアに保つか、インパクトの効率が勝負です。

 

多くの人は右手でスピードを上げようと思うと如何しても自然に手首も使うようになります。
トップからダウンスイングを開始するとボールを打とうと思うあまりボールに当たる前にせっかく作ったコックは当たる前に解放されてしまい打つことが出来ない状態(右手に力が入ってしまうと溜めが解ける動きになり、ヘッドファースト(ヘットが前に出て腕が後ろ)になる。)になってしまう人が多く見受けられます。

 

 

インパクトでは「叩く」と言うイメージを捨て「掃く」・「押す」・「何もしない」と言うイメージで、トップで作った「溜め」を保ったままフォローまでスイングします。このことが最も重要です。(写真のように)

インパクトはただの通過点で、あくまで「掃く」・「押す」・「何もしない」というイメージを持ってハンドファーストで右手首は「強く捏ねない」で、スイングすることを忘れないで下さい。
多くの人は「溜め」を作ったままスイングすることはアプローチするならともかくドライバーなどの大きめなクラブではグラブの面が開いていて危険だと思われがちですが、実際は一連の動きの中でダウンスイングは下半身のリードによりスタートします。


トップで作ったコックをそのままにフォローまでスイングします。腰の回転も加わり、それによりハンドファーストの状態になり、腕も振られてくるので胸の中心を過ぎると腕は自然にローテイションしてフェース面は自然にスクウェアになります。

インパクトゾーンからフォローにかけ下半身と上半身の捻じれが一気に解放されるので飛球方向に向け腕を振ることで両腕が自然にロールして右腕が伸び、手首も伸びることによって「溜め」は自然に解けてフェースがスクエアになりフィニッシュが出来るようになります。

トップスイングからインパクト、フォローと「溜め」を作ったままスイングするので右手で「叩く」という動作をしないため動きがスムースになりスイングスピードが増し、自然に左右の手のスイングワークが大きくなります。

以上のことを理解し、左右の手を交差させ握ったとき、左右の手が離れないよう(左手人差し指と右手小指が離れない)くっ付けてスイングして下さい。

慣れて出来たらクラブのグリップに持ち替えてボールは打ってください。最初は出来るだけ小さなクラブから始めてください。

飛距離と正確性を学ぶためにはインパクトの正確性を増すスイングが大切です。
脇を締める事も大事な要素で、アドレスに入る時いったん腕をだらりと下げて掌を上に向けた状態からグリップを握って下さい。。

ドライバーを打つ時はアッパーブローで打ちたい。体の中心を意識して肩が出ないように脇を締めて体重移動は右股関節の上で打つよう心掛ける。

アイアンを打つ時はダウンブローで打ちたい。体の中心を意識して肩が出ないように脇を締めて体重移動は左股関節の上で打つよう心掛ける。

スイングでお悩みなら矯正に最適な効果が出せる「クロスグリップ」を検討して下さい。

◆ドライバーで⾶距離を出したい。◆正確なショット打ちたい。◆トップでフェースの向きが気になる。◆オーバースイングになってしまう。◆インパクトで⼿⾸をこねる。◆ダウンスイングで「溜め」が出来ない。◆脇の締まりが気になる。◆腕の三⾓形が崩れてしまう。

ホームへ

プロも認めたクロスグリップの効果を是⾮お試し下さい。
クロスグリップのご購⼊ Amazon

TM
詳しくはレッスンビデオをご覧ください。
ゴルフ解説クロスグリップ2 撮影協力:長岡良実プロ
ゴルフ解説クロスグリップ1
Golf Explanation: CrossGrip2
Golf Explanation: CrossGrip1