ワンポイント

シークレットポジションを知ろう。
ボールを遠くに⾶ばす為にはヘットのエネルギー効率の⾼さが「インパクト⼒」の正体です。
距離の正確性・安定性を⽣む「インパクト」の⼒、遠くに・真直ぐに。
そのレベルではまだまだ未熟。狙いどおりの距離を打てる⼒(技)が重要です。
「⼀万分の⼀秒」でボールの運命が決定してしまう。いかにフェースをスクウェアーに保つか︖ヘッドスピードが勝負でなく、インパクトの効率が勝負です。
ゴルフで距離を出すためにはシークレットポジション(溜め)を覚える事が⾮常に⼤切です。
多くのアマチュアゴルファーはボールを叩きに⾏ってしまう為、シークレットポジションを保つことが出来ません。
プロゴルファー・上級者の多くは必ず 図の「⽮印」で⽰したようにシークレットポジションを作りインパクト迄保っています。

バックスイングで作ったシークレットポジションをインパクトに近い位置まで保って左、⼆の腕で⼿の甲を(フェースを)⾶球⽅向へ向けます。シークレットポジション(右⼿で作った⾓度)は インパクト後にリリースします。
イメージとしては左⼿甲を出来るだけ⾶球⽅向に向け、絶対に右⼿⾸は強く返さないでください。
右⼿はインパクトで叩くイメージは持たないでください。インパクトでは押す感じです。
このような打ち⽅を⾏うには左⼿を意識して打ってみてください。
シークレットポジション(溜め)をインパクトまで保ち腕が伸び切ったところで「当然⼿の甲はボールの⾶球⽅向(フェース向き)に出る(写真)」あとはシークレットポジションをリリースし腕がまっすぐ伸びた後、⼆の腕をたたみます。
叩くイメージをやめ、プレーンに沿って右⼿でヘッドスピードを上げるのが、正確に遠くへ⾶ばすポイントです。つまり左右の⼿のそれぞれの役割をきちんと果たしてこそ、正しいスイングが⽣まれると⾔えるのです。
スイングでお悩みなら矯正に最適な効果がある「クロスグリップ」を検討されたらいかがでしょうか。

◆ドライバーで⾶距離を出したい。◆正確なショット打ちたい。◆トップでフェースの向きが気になる。◆オーバースイングになってしまう。◆インパクトで⼿⾸をこねる。◆ダウンスイングでタメが出来ない。◆脇の締まりが気になる。◆腕の三⾓形が崩れてしまう。

>>ホームへ

プロも認めたクロスグリップの効果を是⾮お試し下さい。
クロスグリップのご購⼊ >>Amazon >>楽天(オルタイム)
詳しくはレッスンビデオをご覧ください。
YouTube(⽇本語版)
YouTube(English Version)