使⽤⽅法

クラブに装着する

1)まず、クロスグリップのロックピンを回し、写真のようにグリップ最下部に、本体がセットされるようにします。その際、クロスグリップ本体にある印がクラブの中心にセットされることをご確認ください。
2)取り付け位置は時計の9時方向にセットしてください。次にロックピンを締めてください。取り付けた際、クロスグリップが動かない事をご確認ください。
 3)装着に際しグリップの大きさに違いが出た場合は付属のラバーを切るなりして調節して下さい。 使用は左右どちらの方でも可能です。
※握ったときに右手甲がクラブグリップに当たる場合は時計10時方向に合わせてください。

 

グリップの握り⽅
1)左⼿でいつもと同じようにメイングリップを握ります。
2)左⼿の握りはウィーク⼜はスクエアグリップにします。右⼿の握りはフィンガーで握って下さい。(ストロンググリップで⼿が当たる⼜は⼿が⼩さく、フィンガーで握れない⽅は時計の9時〜11時⽅向にずらしてご使⽤下さい。
3)左⼿⼈差し指と右⼿⼩指が、離れないように握ってください。
4)構えた際、右⼿⾸が先⾏し、交差した形になります。

 

使⽤時の注意

⼿の甲がこすれて痛くなる場合、普段ストロンググリップ(フックグリップ)で握っている⼈は右⼿の甲がクラブグリップに当たる場合は、クロスグリップを時計の9時⽅向から10時〜11時⽅向に変えて下さい。
右⼿に⼒が⼊りすぎると⼿と⼿が離れ、痛くなる原因になります。⼿⾸をロールさせたり、捏ねると右⼿甲が当たり痛くなる原因になります。右⼿の暴れを抑え、三⾓形を崩さずに振る練習器具です。ウイーク⼜はスクエアグリップで握り、右⼿グリップは必ずフィンガーで握って下さい。

使用説明

2本のグリップを握り、アドレスで自然に両脇が締まり、肘が下を向きます。
その為テークバックからトップに至る過程で自然と肘がスムースに畳めるようになります。脇の締まりはフィニッシュするまで維持するようにスイングします。

クロスグリップを装着することにより、軸が2本になります。2本のグリップを握ることにより、左右の⼿⾸の動き⽅が抑制され、⼀定の⽅向にフェイスが向き、理想的なトップが形成され、オーバースイングの許になる余分な⼿⾸の動きも抑制されます。


クロスグリップのグリップはゴム状で柔らかいため、右手の力を抑止するようになり、トップで作った手のコックをそのまま保つようになります。その為、シークレットポジション(溜)が出来る打ち方を覚えられ、方向性が安定し、ボディターンでスイングするようになり、ヘットスピードが増します。

 

 

インパクトでは右手のポジション(柔らかいゴムを握っている)が不安定なため、両手を密着して握るようになり、右手の動きを抑止します。
三角形を保ったままでスイングするようになります。両脇が締まり、ワンピースで振るため体(胸)の中心で振れるので腕は自然にローテイションし、(胸の回転でフェイスを回転させる感じ)手首のシークレットポジション「溜め」は自然に開放され、方向性のブレがなくなります。

右⼿で打つことが出来ないため、肩の突っ込みがなくなり両肩が⽔平に回転するようになり、華麗なフィニッシュが出来ます。
この時フィニッシュまで肘を下向きにして脇を締め付ける感じでスイングして下さい。

*最初は ゆっくりと力を抜いて素振りから始めて下さい.最初から100%の力で打つのは危険です。

装着状態でボ-ルを打つことは出来ますが最初は注意が必要です.慣れてきたらクロスグリップを握ったまま打てるようになれます.

利き手に力が入りすぎて反対の手がクラブから外れた人がいます。弊社では責任を負いかねますので十分注意して下さい。

次ページへ

プロも認めたクロスグリップの効果を是⾮お試し下さい。
クロスグリップのご購⼊ Amazon

TM
詳しくはレッスンビデオをご覧ください。
ゴルフ解説クロスグリップ2 撮影協力:長岡良実プロ
ゴルフ解説クロスグリップ1
Golf Explanation: CrossGrip2
Golf Explanation: CrossGrip1