こんな効果

クロスグリップの形状は十手を思わせる奇妙な形です。
ところがこれがアマチュアゴルファーの大半が悩む右手で打ちに行く悪癖解消にまるで特効薬のような効き目を果たすのです。
軽量・小型であるゆえにコイン1枚あれば簡単にクラブのグリップに取り付けが可能で、左手は普通にクラブを握り、右手は十手のカギ型の部分を握って使用します。
この時、丁度両手が交差した形になりますが、これでクラブを振ると右手の不必要な動きが制御され左手がスムースにスイングプレーンをなぞりる正確な軌道が生まれます。
右手は握る部分がゴム製で出来ているため、右手で叩こうと思っても柔らくて出来ません。余分な力を入れる事が出来ないのです。

アドレスで握っただけで脇が閉まり、加えてトップで担ぐ事すらままなりません。従って嫌でも左手リードでダウンスイングをするようになります。右手はトップで作ったコックを保ったそのままにインパクトを迎えざるを得ませんので結果としてコックを保ったままインパクトを迎えることになりシークレットポジション「溜め」を作ったのにインパクトで叩けません。せっかく「溜め」を作ったのに叩けないなんてとお叱りを受けることがあります。右手で叩く癖がついている方は物足りないのかもしれませんが、わざわざ右手を使えなくしたんです。左手の動きがスムースになり右手は今までのよう動きがない分スピードが増します。

インパクトからフォローまで手の動きに制約がなくなり考えることもなくフィニッシュが出来ます。
インパクトまで「何もしないのかって」と質問を受けるでしょう。インパクトでは何もしないでただ「掃く・押す」感じでインパクトはただの通過点と思ってください。インパクトからフォローまで腕を飛球方向に伸ばして出すだけで「溜め」は自然に解けてフィニッシュするだけです。このとき絶対に手首は捏ねないで下さい。

素振りをするとわかりますがインパクトで叩かなかったのにフォローでは腕を飛球方向に向けるだけで「溜め」は解けているのが分かると思います。スイングワークが大きくなり手の動きがスムースになり体の回転が生まれてくるのです。

これで素振りをした後、器具から手を離し、元のグリップを持ちスイングをすると、スムースなスイングを感じる事ができると思います。


プロも認めるクロスグリップの効果

原元会長の練習風景

原将芳プロ(⽇本プロゴルフ協会前理事・神奈川県プロゴルフ会元会⻑)は クロスグリップ を⾒て 「うん、これはいい。私の40年のゴルフ⽣活の中でも⾒たことがない画期的な練習器具だ。普通この⼿の器具はその効果が時間の経過と共に薄らいでしまうものだが、これならどこででも簡単に取り付けてチェックできるから体に覚え込ませるのも早い。」 と絶賛。


原プロと親しくしている⾦井清⼀プロも 「ゴルフで⼤切なのは、いかに効率良く安定したスイングを⾝につけるかという事。でもアマチュアの⼈はそれが難しいんだ。だけどこの器具なら、左⼿でリードするスイングのポイントが体得出来る。チェック器具としては素晴らしい。」
⽇頃からスイング練習に熱⼼な⾦井プロのこの⾔葉は、クロスグリップの効能を⾒事に証明した事になるでしょう。





ゴルフはまずシークレットポジション(溜め)を知ることから始めることです。

金井プロのクロスグリップ

遠くに⾶ばす時も、アプローチする時もシークレットポジション(溜め)を知ることで間をとることができ、ボールを遠くに⾶ばす為のヘットエネルギーの効率を⾼める。=シークレットポジションを作ることがインパクトの⼒になります。
また、アプローチショットの時はシークレットポジションを作ることで間ができ、余裕をもってショットが打てます。距離の正確性・安定性を⽣む「インパクト」の⼒、遠くに・真直ぐにそして狙いどおりの距離を打てる⼒(技)が重要です。

「⼀万分の⼀秒」でボールの運命が決定してしまう。いかにフェースをスクウェアーに保つか︖ヘッドスピードが勝負でなく、インパクトの効率が勝負です。
ゴルフで距離を出すためにはシークレットポジションを覚える事が⾮常に⼤切です。
プロゴルファー・上級者の多くは必ず シークレットポジションを作りインパクト迄保っています。
多くのアマチュアゴルファーはボールを叩きに⾏ってしまう為、クロスグリップでシークレットポジションを知り、覚えることが⾮常に重要です。
クロスグリップはその独⾃の形状により左⼿の正確なプレーンと右⼿のスピードアップを効果的に体得する事が可能です。


>>次ページへ

プロも認めたクロスグリップの効果を是⾮お試し下さい。
クロスグリップのご購⼊ >>Amazon
詳しくはレッスンビデオをご覧ください。
YouTube(⽇本語版)
YouTube(English Version)