こんな効果

クロスグリップの形状はグリップを2本にした奇妙な形です。
ところがこれがアマチュアゴルファーの大半が悩む右手で打ちに行く悪癖解消にまるで特効薬のような効き目を果たすのです。

二本のグリップを握ると脇が締まり(ショルダーパッキングと言う)、肘は自然に下を向くようになると思います。テークバックは肩・胸を中心に回し、バックスイングして下さい。

肘は自然に折れ理想のトップが出来、脇が絞まり加えてトップで担ぐ事すら出来ません。右手で叩けないため、アウトインの軌道が無くなり嫌でも両手をくっ付けた状態の為、ワンピースに振るようになります。

脇が絞まった状態でスイングするのと体の中心で振れるようになり手打ちが改善されます。
手打ちを防ぐためには左右の脇を締めたままスイングすることはアプローチからドライバーまでスイングする事は同じです。

ちなみにプロと言われる方々は100%このような打ち方をします。

左右の手をくっ付けてフィンガーグリップでそっと握り、同時に左右の手をくっ付けて握ります。
これでクラブを振ると右手の不必要な動きが制御されます。左手がスムースにスイングプレーンをなぞり正確な軌道が生まれます。
二本のグリップを握ると脇が締まり(ショルダーパッキングと言う)、右手の肘は下を向くようになります。

 

 

右手の握る部分がゴム状で出来ているため、右手で叩こうと思っても柔らく、余分な力を入れる事が出来ないのです。右手はトップで作ったコックを保ったそのままにインパクトを迎えざるを得ません。結果としてコック「溜め」(シークレットポジションと言います)を保ったままインパクトを迎えることになり「溜め」を作ったのにインパクトで叩けません。

 

「宮里優作PGAトーナメントプロはドライバーで打つ時、右手グリップは豆腐を持つようにそっと柔らく握ると言っています。」右手で叩く癖がついている方は物足りないのかもしれませんが、わざわざ右手を使えなくしたのです。

左手の動きがスムースになり、アウトサイドインの軌道が修正され、右手は今までのような余分な動きが出来ないことで安定さが増します。

スイング中に右手の使い方を考えることが無くなり、スイングプレーンをなぞるようにゆっくりワンピースで腕を振って下さい。

インパクトで「何もしないのか」と思われるでしょう。インパクトでは「掃く・押す感じで何もしない」ただの通過点と思ってください。
フォロースイングは腕を出来るだけ、胸の中心で振る感じで飛球方向に腕を伸ばすことで(当然、腰は回っているので腕はハンドファーストに振ってる感じる)肘から先は自然にロールし、手首のシークレットポジション「溜め」は自然に開放されます。

手首は「自然に返る」もので「自分で返すものではない」ということを認識する事です。従って絶対に手首を捏ねないことが重要です。

プロも認めるクロスグリップの効果
PGAトーナメント原 将芳プロ(⽇本プロゴルフ協会前理事・神奈川県プロゴルフ会元会⻑)、PGAトーナメント金井清一プロ・長岡 良実プロをはじめ、多くのレッスンプロからも大変うれしい評価を頂いております。

原 将芳プロはクロスグリップを⾒て 「うん、これはいい。脇は締まるし・三角形が保てる・アウトサイドインの軌道が無くなる。私の40年のゴルフ⽣活の中でも⾒たことがない画期的な練習器具だ。普通この⼿の器具は時間の経過と共に効果が薄らいでしまうものだが、これなら何処でも持って歩け簡単に取り付けてチェック出来ると絶賛、大変うれしいお言葉を頂きました。


次ページへ

プロも認めたクロスグリップの効果を是⾮お試し下さい。
クロスグリップのご購⼊ Amazon

TM
詳しくはレッスンビデオをご覧ください。
ゴルフ解説クロスグリップ2 撮影協力:長岡良実プロ
ゴルフ解説クロスグリップ1
Golf Explanation: CrossGrip2
Golf Explanation: CrossGrip1