スイングの基本

スイングの基本
ゴルフは⽣涯スポーツと⾔われていますが、⻑く楽しむ為には正しいスイングを⾝につける事が⼤変重要です。理にかなった効率のいいスイングは好不調の波を少なくし、何より体の負担を軽減します。
スイングの⾒た⽬もスマートになり、イメージ通りの弾道が出た時の快感は本⼈でなければ判らない事でしょう。
スイングに悩むのはアマチュアだけではありません。プロも同じです。むしろプロの⽅が1ストロークが致命傷になるケースが多い為に深刻であると⾔えます。

ディーン先生のCG付けて

古今東⻄多くの名選⼿が、より確率の⾼いスイングを⽬指して改造に取り組んできました。
古くはベン・ホーガン、彼はフックする悩みを解消する為に、左のグリップを少し浅めにし、トップの位置をややオープンにしました。更にホーガンはより精度の⾼いショットを⽬指してあの有名なガラス板理論のスイングプレーンを会得したのです。
アマチュアにとってもスコアアップや安定性のみでなく腰をはじめとする⾝体の負担を軽減する為にもスムーズなスイングはとても重要です。クロスグリップで貴⽅も効果的なスイング改造を⾏ってみては如何でしょうか。

左⼿は舵、右⼿はエンジン
スイング改造に成功したトッププロ達が、必死になって⾝につけたのは、構えた時に肩とボールを結ぶスイングプレーンの中にクラブを収める事です。ところがこれは⾔うは易く、⾏うは難しなのです。
そしてこれを阻む最⼤の原因は右⼿にあります。あのジャック・ニクラウスでさえ「右⼿の3本指(親指・⼈差し指・中指)がなかったら」というほど右⼿は⾔うことを聞かないドラ息⼦のように勝⼿な動きをします。効き⼿だけにどうしても使いやすくなるためです。

オーバースイング、トップでの右⼿の不⾃然な折れ、ダウンスイングでの右肩の不必要な突っ込みなど、右⼿はスイングプレーンを壊そうとする動きが⽬⽴ちます。
スイングに関して普遍な⾔葉があります。
「左⼿は舵、右⼿はエンジン」というセオリーです。左⼿は正確なプレーンを作り、そのプレーンに沿って右⼿でヘッドスピードを上げるのが、正確に遠くへ⾶ばすポイントです。つまり左右の⼿のそれぞれの役割をきちんと果たしてこそ、正しいスイングが⽣まれると⾔えるのです。

ではこれらの問題をどう解決するか︖

フォローの動作説明
ディーン先生フォローの説明


クロスグリップはその独⾃の形状により左⼿の正確なプレーンと右⼿のスピードアップを効果的に体得する事が可能になります。
クロスグリップの形状は⼗⼿を思わせる奇妙な形です。ところがこれがアマチュアゴルファーの⼤半が悩む右⼿で打ちに⾏く悪癖解消にまるで特効薬のような効き⽬を果たすのです。
軽量・⼩型であるゆえにコイン1枚あれば簡単にクラブのグリップに取り付けが可能で、左⼿で普通にクラブを握り、右⼿は⼗⼿のカギ型の部分を握って使⽤します。


 

 

CG付けて握る

この時、丁度両⼿が交差した形になりますが、これでクラブを振ると右⼿の不必要な動きが制御され左⼿がスムーズにスイングプレーンをなぞり、正確な軌道が⽣まれるのです。
また右⼿で握る部分がゴム製である事で右⼿の余分な⼒を⼊れる事が出来なくなっており、加えてトップで担ぐ事すらままなりません。従って嫌でも左⼿リードで、体の回転が⽣まれてくるのです。これで素振りをした後、器具から⼿を離し、普通のグリップでスイングをすると、スムーズでリズミカルなスイングを体で感じる事ができるのです。
そのため⼒まなくても右⼿のシークレットポジション(溜め)をリリースするだけで今まで経験した事のないようなボールの⾶びを感じることが出来るのです。


>>次ページへ

プロも認めたクロスグリップの効果を是⾮お試し下さい。

クロスグリップのご購⼊ >>Amazon
詳しくはレッスンビデオをご覧ください。
YouTube(⽇本語版)
YouTube(English Version)